気持ちと行動を支えてくれるリーダーの詳細

> 気持ちと行動を支えてくれるリーダー

気持ちと行動を支えてくれるリーダー

私が、ビジネスシーンでリーダーとして尊敬できる人は、やはり最終責任をすべてとってくれる人です。
もちろん、仕事に対する責任は、個人で取らなければいけませんが、やはり組織として仕事をしている限り、個人の責任で済まないことも出てきます。
その時に、しっかりと叱咤してくれるだけでなく、一緒に責任を取ってくれる人こそリーダーにふさわしいのではないかと感じています。
私は、開発部門に携わっていますが、開発というのは、そもそも世の中にないものを生み出していくことが前提であり、計画を立てて実験を進めていきますが、そう簡単に結果が出るようなものでもありません。
もし、簡単に結果が出るようなものであれば、それこそ競合他社にも簡単に模倣されてしまう危険性があるということです。
だからと言って、ダラダラと会社のお金を使って実験するわけにもいきません。
そこの線引きが難しいところがありますが、今までの経験からアドバイスをしてくれたり、年間の計画が思うように進まなかったときなどに、叱りながらもその先の事を見据えてアイデアを一緒に練ってくれる上司がいます。
そして、一緒に作業もして、状況を把握しながら必要に応じて装置の改良の手筈を整えてくれたりします。
そして、開発に対する熱い気持ちを常にぶつけてきてくれるので、その思いにこたえようと、こちらも必死になります。
それでも、上手く行かず、社長に報告するときなどは全責任を負ってくれます。
熱い人間が苦手だという人もいるかもしれませんが、気持ちと行動の両方を引っ張ってくれるリーダーはそうそういないと思うので、上司に恵まれたと思っています。